老朽化が進む家!リフォームの基本知識や役立つ情報を紹介!

このサイトでは、老朽化が進む家に住んでいる方に必見のリフォームの基本知識と役立つ情報を紹介してます。
耐震などで補助金を受ける方法や、木造建築一戸建てで行った場合の費用相場額についても記しました。
新築で建てるのと違って、既にある建物の一部だけ解体と撤去をしてから新しくしますが、費用は工事内容や規模などで違ってきます。
仮設工事費・古い設備などの処分費・新品設備の購入費や設置費・現場管理費などが発生します。

老朽化が進む家!リフォームの基本知識や役立つ情報を紹介!

住宅の老朽化でリフォームをすることは、設備が古くなって壊れたり・劣化が酷くなってくるので最もいいタイミングと言えます。
老朽化が酷くなる前に定期的にメンテナンスを行うことで、リフォームにかかる費用も抑えられます。
例えば、住宅設備で水回りに関する機器は耐用年数は約10年と定めていることが多くて、使う頻度でもっとも短く6年から7年くらいで不具合が起きることもあります。
また、よく歩くところから劣化していき床材で耐用年数が違いますが、目安は10年から15年での張替えがおすすめで、水回りだと湿気があるので10年ぐらいで替えた方がいいです。

木造建築の耐用年数は22年!この前後がリフォームを考えるタイミング

木造建築の耐用年数は22年とされていますので、この前後がリフォームを考えるに良いタイミングとなります。
22年というのはあくまで法律上の規定であって、これを超えるまでは何があっても全く問題なく住めるとか、それを超えると全く住めなくなってしまうといったような白黒をはっきりさせたようなものでないことは当然ですが、リフォームの目安と考えるには良いでしょう。
いくらしっかりとメンテナンスをしていても、住宅というのは年月の経過とともに傷んでくることは避けられません。
引っ越しとか立て替えを検討する方法もありますが、今の家にできるだけ長く住み続けたいのであればリフォームも大きな選択肢です。
また、建物だけの話ではなく、建築から20年も経過すれば住むほうの家族にも様々な変化が生じていて当然でしょう。
例えば子供が独立して世帯人数が減るとか、自分自身も高齢化してきてバリアフリーが気になるといったこともあり、これもリフォームの契機になります。

折角リフォームするなら耐震診断を受け筋交い補強で耐震性能を高めよう!

日本は災害大国とも言われていて、様々な自然災害が多く発生している国です。
中でも大きな被害となるケースが多いのが地震で、地震の発生率が日本は世界で4位という嬉しくはないデータもあります。
自然災害が多い日本に住む以上考えるべきことは、備えることで大きな被害を出さない努力がとても必要です。
地震が発生すると家屋が倒壊するケースも多く、リフォームで地震に強い家を目指すという人も多いのではないでしょうか。
リフォームをするなら家の耐震診断を受けて、今の状態をしっかりと確認してから必要な耐震工事を行うことが大切です。
工事の中でも高い対策効果が期待出来るのが、筋交い補強を行うことです。
筋交い補強は地震などで多い横からの力から家を守る為に、建物の内部の柱と柱の間に斜めに筋交いをして壁自体の強度を上げる工事です。
大きな地震が来ても被害を最小限にする為には、専門の業者と相談しながら家を守ることが重要で早期に対策をすることをおすすめします。

冬の暖房費の節減に効果絶大!断熱材を入れるリフォームもおすすめ

リフォームをする際に断熱材を入れることで、暖房費の削減・外気温の影響を受けにくくなる・健康維持などの効果を期待することができ、特に光熱費の削減は大きなメリットになってきます。
リフォームを行うことで、エアコンの温度を高めに設定しても快適に過ごせるだけではなく、外気温の影響も受けにくくなるので、より快適に過ごすことが可能になります。
家の中の温度と設定温度の差が小さいほど電気代を節約することができますし、エアコンをつけていなくても家の中の室温をある程度一定に保つことができるので、エアコンをつけたり消したりして電気消費が増えてしまうことを防ぐことにも繋がっていきます。
また、日本の伝統家屋は夏に過ごしやすいことを前提に造られている反面、現在では空調が効きにくいといったデメリットもありますが、リフォームに断熱材を入れれば空調が効きやすくなってくるので、夏は涼しく冬は暖かい住まいを実現することができます。

節電節水機能や自家発電などランニングコストが安い住まいへのリフォームも人気

これからリフォームをしようと考えている方がいるはずです。
家は時間の経過と共に劣化してきてしまうので、定期的にメンテナンスをする必要があります。
家の寿命を長くすることに加えて、ランニングコストを安くするためにリフォームするケースも増えています。
家を建てた際は様々な設備を付けたが、実際はほとんど使用していなくて余計な電気や水を消費してしまっているケースが少なくありません。
節電節水機能があるものに切り替えたり、太陽光発電などの自家発電設備を導入してランニングコストが安い家にすることは賢明な選択だと評価できます。
設備を使いこなしていないのに、高い電気料金を払い続けてしまうのは勿体ないです。
月額料金は許容できるかもしれませんが、1年間や10年間で換算した場合、かなりの額になっていることを認識してください。
電気料金や水道代がどんどん高くなっているので、今のうちにランニングコストを抑えるためにリフォームをするべきです。

木造家屋でリフォームをお勧めしたい箇所①トイレ・浴室・キッチンなどの水回り

木造家屋でリフォームをお勧めしたい箇所ですが、トイレ・浴室・キッチンなどの水回りはよく言われるところです。
住宅である以上は耐久性もしっかりと考えられて建設されてはいますが、水と木材はやはり相性的に良いとは言えず、長い年月の間には傷んでくることも他の部屋とか設備に比べると多いのは致し方ありません。また、水回りの設備は年月の経過とともに最新型の機器が開発されていることも多いです。家具を取り去れば他には収納スペースくらいしか残らない普通の部屋では、いくら技術が発展しても住宅事情に影響を与えるほどの大きな進歩はないかもしれませんが、水周りの設備ではそのようなことはなく、最新型の機器と取り換えることで日々の暮らしをより快適にすることもでき、この点でもリフォームが勧められる理由になります。外壁とかインテリアなどもリフォーム対象にすることはできますが、まずはキッチンや洗面・トイレ・浴室を考えるのが良いでしょう。

木造家屋でリフォームをお勧めしたい箇所②屋根瓦の交換や外壁塗装に防水工事

木造住宅にお住いの場合は、リフォームを検討する際には、お勧めできる箇所があり、屋根材が瓦で作られている住宅では、敢えて屋根瓦を撤去した上でスレート屋根やガルバリウム鋼板の屋根材に変更する方法があります。
瓦屋根の場合はかなりの重量があることで耐震性を考えた場合は不利な条件になります。新しい屋根材に交換すると軽量化に成功でき、耐震性は高めることができます。外壁塗装も同時にリフォームで行うことも推奨でき、この場合は塗料によって防水工事を行えるものなので、耐久性の優れた塗料を選べば外壁からの浸水被害を起こさない住宅に仕上げられます。防水工事においては屋根にも施工することは当然の作業になり、屋根材の貼り合わせの箇所と、雨水が溜まりやすい箇所に対しては、シーリング材を使う方法や、アスファルト防水などいくつかの選択肢が用意されています。下側には防水シートが貼られているものなので大きな問題にはなりませんが、リフォームをする際には資材の変更と塗装作業、防水工事は必須ではないでしょうか。

木造家屋でリフォームをお勧めしたい箇所③排水管の全面交換

排水管は長年にわたって使い続けていると水垢などが溜まり続け、いつしか排水の通り道を塞いでしまい詰まりなどのトラブルの原因になることがあります。
塩化ビニール製の場合はヒビ割れが入ることがあり、金属製の場合は錆びて劣化することが考えられます。特に木造家屋の建材は湿気などの影響を受けやすく、配管の経路のどこかで水漏れが発生して湿り続けることがあれば腐食が進み、強度に悪影響を与えて耐震基準を満たせなくなってしまいかねません。そうなれば僅かな揺れでも決壊や倒壊の恐れもあり、早めに対応することが大切です。そこで、もしもリフォームを実施するなら、排水管の全面交換をするのがおすすめです。これを期に気分を一新できるだけではなく、しばらくの間は詰まりなどの排水に関連するトラブルのリスクを皆無にできるので心配する必要もありません。木造家屋の健全性も保つことができ、安心安全を確保できるリフォームのひとつとして注目されています。

木造家屋でリフォームをお勧めしたい箇所④和室から洋室にリフォーム

洋室にリフォームするメリットとして挙げられるのが、家具選びの自由度が上がる点です。和室であれば家具の重量で畳がへこんだり、跡が残ったりといった点が気になってしまいます。しかしフローリング床であれば、重量のある家具であっても耐久性があるため大丈夫です。お子さんが成長して、学習机や固定式のベッドを置く時も部屋との相性は抜群です。
加えて和室から洋室へとリフォームする利点に、模様替えのしやすさが挙げられます。お子さんが使わなくなった部屋を書斎や寝室に変更するなど、ライフステージの変化に応じた用途への変更も容易です。照明をたくさん使っておしゃれに照らすというインテリア術も、洋室の方が活かしやすくなります。
他にも掃除が容易であり、カビやダニの発生を抑制できる点もメリットです。和風の部屋の特徴とも言える砂壁よりも、洋室の壁紙の方が圧倒的に清掃がしやすくなっています。掃除機はもちろん、自動で掃除してくれるロボットを稼動させやすいのも利点と言えるでしょう。

木造家屋でリフォームをお勧めしたい箇所⑤引き戸への交換や手すりにスロープの設置

木造家屋でリフォームを検討していたり悩んでいるのであれば、引き戸への交換と手すりにスロープの設置が狙い目となるのではないでしょうか。
引き戸は比較的力がなくても開けやすくなるので、両親が高齢化していたり、高齢の家族と一緒に暮らす人にお勧めです。一方の手すりも同様に、安心して立ち上がったり歩けるようにする為の設備で、高齢家族を考えたリフォームに適しています。スロープは階段の上り下りが辛くなり始める前に、前向きに設置を検討することをお勧めします。リフォームはその時だけでなく、先を見据えて検討したり実行するものですから、まだ介護は早いと思っていても考えるべきです。むしろ早いくらいで丁度良いですし、リフォームはまさに今後に備えて安心できる機会になります。木造家屋は、環境の変化に適合する為の作り変えもその1つですが、暮らす人に合わせて作り変えることもまた、検討しなくてはいけない大事なポイントになるのではないでしょうか。